はる陽台の将来構想・計画

ホーム>はる陽台 将来構想・計画

はる陽台シルバータウン化計画  (日本版・CCRC )

平成27年6月30日に日本政府の臨時閣議で閣議決定された「骨太方針」によると、日本政府としては、東京圏などの自立できる高齢者の地方移住を促進するための受け入れ拠点整備にむけ16年度中にモデル事業を始めると発表しました。

【日本政府による地方創生方針】

安倍内閣は、今後、東京圏で70歳以上の高齢者が急増するため70歳以上の自立できる高齢者を地方に移住させ医療・介護を地方で行う地方創生方針を表明しました。

シルバータウン・岐阜/はる陽台のコンセプト

今後、シルバータウン・岐阜/はる陽台は、閣議決定にそって東京圏や名古屋圏の中高齢者に対し、シルバータウン・岐阜/はる陽台への移住を積極的に提案していきます。

構想としては、若者ファミリー向けの住宅区域に隣接する一戸建ての自立型シルバー区域を計画し、周辺の医療機関と協力と理解を得ながら夢と生きがいのある自立する中高齢者が終の棲家として楽しく生活できるシルバータウンの開発を進めます。

用途別表示図

シルバータウン・岐阜/はる陽台の構想

  1. 500区画程のシルバー区域に中高齢者が自立して生活できるユニークな一戸建ての中高齢者用住宅を東京圏及び名古屋圏の移住希望者に提案する。
  2. 500区画の住宅で生活する1000人程度の中高齢者が生活できるバリアフリー対応のシルバー街区を計画し、移住希望者に提案する。
  3. 各戸の屋根に太陽光パネルを設置し高齢者に安全で地産地消となるオール電化のエコ住宅を移住希望者に提案する。
  4. 敷地は1区画35坪~78坪程度とし、平屋建てを主とするユニークで安価な建物を移住希望者に提案する。(木造2×4・特殊発泡ポリスチレン・トレーラーハウス等)そして移住希望者には、土地・建物で総額2000万円~3000万円程度の価格を提案する。
  5. はる陽台のシルバー街区に隣接するファミリー区域に高齢者の手助けとなる医療・介護施設を順次併設する。(既に3000坪の土地については開発許可済)
    そして、それらの施設に働く介護士や看護士には安価に住宅地を分譲し、介護・看護士の人的確保につなげるとともに介護・看護師が生活する中でも周辺の中高齢者に気を配ることが容易にできるようになる。さらに周辺の医療機関とも協力し中高齢者が安心・安全・楽しく生活できるシルバータウンを目指す。
  6. 高齢者が楽しく生活するための施設をシルバー街区内やその周辺に順次併設する。
    例(コンビニ・ミニスーパー・カラオケ・飲食店・居酒屋・温泉施設・リハビリ公園や屋内リハビリ施設・屋内外の農園施設等)
  7. 名古屋圏や岐阜市・各務原市・関市の中心街や大型スーパーへの直通バスやシルバータウン内及び周辺への周回バスの自主運営をする。(NPO法人)
  8. シルバータウンの北側に隣接するモール街(スーパー三心・スーパーバロー・すしやの徳兵衛・スギ薬局・学習塾・衣料のマツオカ)及びみどり病院や芥見診療所の介護施設や各専門病院などや国道156の関~JR岐阜駅線のバス停・薬師洞へのアクセスを便利にするためのスロープカー(嘉穂製作所)を設置し、高齢者や住民の利便性を図る。
  9. 高齢者のセキュリティ(ガード会社と提携)を重視し、セキュリティカメラをはる陽台全体に設置し各住宅に配信する。
  10. シルバータウン内には様々な電動カート等を導入し、高齢者の利便性を図る。さらに、隣接するゴルフ場及び練習所(アイランドゴルフパーク等)と提携し高齢者が安価でゴルフを楽しめるようにする。
  11. シルバータウン内にNPO法人を立ち上げ、勤労意欲のある高齢移住者にシルバーパワーとして様々な仕事ができるように環境を整え、生きがいとハリのあるシルバータウンを目指す。
    例、(高齢移住者の経験を生かした働き先やカルチャースクールの講師等への斡旋や紹介、近隣の居住者の庭や農園の手入れのお手伝いの斡旋、関連施設などの草刈・清掃作業・周回バスや介護バスの運転手などへの斡旋)。
  12. シルバータウン・岐阜/はる陽台は、日本政府の閣議決定による地方創成方針にそった民間のモデル事業として、東京圏及び名古屋圏等からの自立生活ができる中高齢者の移住先として、安全・安心・楽しい日本最大のシルバータウンを目指します。

シルバータウン・岐阜/はる陽台の計画

スロープカーについて

スロープカー構想とは、シルバータウン・はる陽台の北側の国道156線沿いにあるモール街(スーパ三心・寿司の徳兵衛・スギ薬局)などの商業施設や周辺のみどり病院などの病院施設施に向かって自動運転のスロープカーを設置するという計画です。「事例・岐阜県関市の100年公園・東京都北区飛鳥山公園など全国に多数設置されています(嘉穂製作所)」(但し、不動産投資や移住先としてそれなりの数の区画が分譲され、建設資金が確保され住人が増えた場合に実行するものであり建設時期を約束するものではありません)計画する自動運転のスロープカーが設置されれば岐阜バスの関~岐阜線(一日50本程の運行)の停留所にも徒歩で行くことができるようになります。さらにスーパー三心の買い物やみどり病院へ徒歩や自転車で行くことができるようになり、非常に便利になります。当然、シルバータウンはる陽台の住民しか乗れません。運営主体は将来にはNPO法人を設立し、住民による自主運営と自主管理の方法を考えます。

スロープカー1
スロープカー2
スロープカー3

周回バスについて

シルバータウン・はる陽台としては、将来NPO法人を立ち上げ、現在、岐阜市によって運行されている周回バスと違うシルバータウン・はる陽台独自コースを走る周回バスを考えています。このコースは岐阜市以外の行政域をまたぐ新しいコースを考えています。例えば各務原市のスーパーイオンや関市のスーパーマーゴさらに各務原線の市役所前駅や高速バスの各務原停留所そして名鉄犬山線の江南駅。ゆくゆくは、シルバータウンはる陽台から名古屋駅までの直通高速バスなど行政や岐阜バス路線に頼らない、住民の要望にそったはる陽台独自のコースを考えます。
(この構想も資金や利用者が増え運行可能となった場合であり、運航時期や運航規模を約束するものではありません。)
上記の構想や計画を実現することによってシルバータウンはる陽台の住民や中高齢者にとって便利で面白いシルバータウン・はる陽台になると確信し最大の努力をする所存です。

シルバータウン・岐阜/はる陽台